セレブスポット
サクラは居るの?口コミ報告

出会い系セレブスポット{http://7spotmixi.jp/}のサクラ口コミを公開中!
この口コミと運営会社【株式会社アクトサービス】情報から何がわかる?どんな所に注目したらいいの?

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 出会い系検索 > セレブスポットサクラ口コミ

セレブスポットのデータ公開中

サイト名 セレブスポット
URL http://7spotmixi.jp/
会社名 株式会社アクトサービス
所在地 東京都千代田区内神田3-18-7
電話番号 03-6663-4080
インフォ info@7spotmixi.jp
料金設定 有料
現状 サイト変更
旧記載等
関連 ゴールドソーサー/GOLD SAUCER 小春日和
データ取得 2013年5月2日 更新
検索
お探しの出会い系とは違う場合はこちらから検索してみて下さい

セレブスポット サクラデータ/口コミ

当サイトに寄せられた「セレブスポット」で活躍中のサクラと思われる会員・キャラの名前・登録地域・メール内容や口コミなどを公開しています。セレブスポット利用の際の参考にして下さい。



サクラ

現在出会い系セレブスポット[7spotmixi.jp]にはサクラデータ・口コミ投稿はありません
サクラの居ない安全な出会い系かもしれません♪

サクラデータ/口コミ投稿

セレブスポットで見かけた「サクラ?」と思われる会員を見かけたら口コミ提供お願い致します。登録していないのに送られてくるメール等も!

下記セレブスポットの情報と該当出会い系の名前・運営・ドメイン等が間違いないか確認後、投稿して下さい
セレブスポット
株式会社アクトサービス
http://7spotmixi.jp/

投稿者

(投稿ネームをお願いします:匿名可)

性別
男性 女性

登録地域

サクラ名

(サクラと思われる人物からのメール内容など)

上記内容で宜しいですか?
はい いいえ


セレブスポット のドメイン・URL から何がわかる?

まず、セレブスポットのドメイン(URL)[7spotmixi.jp]を確認しましょう!複数ありますか?それとも1つ?

ドメイン(URL)が1つの場合は、そのドメインで責任を持って運営している可能性も高く、迷惑行為等の心配も少ない出会い系でしょう!

もしセレブスポットのドメイン(URL)が複数確認されている場合
基本的に出会い系(異性紹介事業)を運営するのに、ドメイン(URL)は一つあれば十分だと思います。それにも係らず数個〜数十個も存在しているのは何か意図があるのでしょうか?

良くある悪質なケースとしては「大量に広告を送りつける」「配信停止が出来ない」「退会出来ない」などの迷惑行為があります。そういった場合、まず利用者が行なうのはドメイン拒否やアドレス変更。しかし、「アドレス変更やドメイン拒否」されても…ドメイン(URL)がたくさんあればその分だけ再度迷惑メールが届く・送れるようになります。

アドレス変更・ドメイン拒否されても、ドメインが大量にあればしつこく迷惑行為が出来ますので、あまりにもドメイン(URL)が多い出会い系は…注意が必要でしょう!

また、出会い系サイト規制法改定により運営者は出会い系のドメイン(URL)も全て届出に記載して報告しておかなければいけません。大量にある場合はちゃんと全ての届出を出しているのならいいのですが…正直疑問です。

迷惑メール防止法に違反している迷惑メール行為と思われる場合は…
迷惑メールに一矢報いる!
迷惑行為対処法
をご確認ください。
迷惑メール相談センターの「総務省における行政処分 実施状況」というデータも確認しておきましょう。

セレブスポット の会社概要 から何がわかる?

異性紹介事業者は、管轄の公安委員会に届出をすし、会員の年齢認証「18歳未満出ない確認」をする義務があります
→「出会い系サイト規制法改定
義務化された「年齢認証」専用のページがあったり、TOPページなどで「届出受理番号」をしっかり表記している場合もありますので、確認を忘れずに!

セレブスポットが有料サービスの場合は、会社名・住所・電話番号・利用料金詳細等の表記が必要です
→「特定商取引法・特商法

このように異性紹介事業を運営するにはいろいろと法律で定められた事項をクリアしなければなりません。
セレブスポットの会社[株式会社アクトサービス]がしっかりと届出を行い、しっかりと特商法を記載しているならば、悪質な詐欺行為を簡単には出来ないはずです。逆に、その辺の記載がしっかりしていない=詐欺行為に遭遇する可能性が高い?!という事です
しっかり確認して架空請求や自動後払い等の詐欺行為!にあわない!

ここ数年…「海外住所」「海外企業」と思われる異性紹介事業会社が増えました。
こういう
海外の企業の場合は何を注意したらいいのか?
ですが…これも日本の会社と同じようにしっかりと上記「規制法の年齢認証や届出受理番号」や「特定商取引法の記載」「個人情報保護法に関する記載」が無いか見てみましょう!
それらの日本の法令に関する記載があるようなら、「日本の法令に基づいた運営」ですので、各法令に準じているのかしっかり確認すれば大丈夫です。
「利用規約内」で「準拠法」「適用法令」として記載されている場合がありますので、それらを確認しましょう。

上記投稿・掲載について

掲載されているサクラ・口コミ投稿は投稿者の個人的な感想です。あくまでも参考程度にご利用下さい
上記出会い系データは、調査時点で取得したものです。現在は変更されている場合もあります。
掲載中の出会い系データ/口コミ投稿については、 運営方針&削除依頼により適切に対応しております

女性無料の優良コミュニティ!

安定の老舗出会える系。運営歴が信頼の証!出会える系サイトの特徴は女性は完全無料!

オススメ優良老舗運営はコチラ

完全無料コミュニティ!フリメ登録当たり前!

どうしてもタダにこだわる方には…。同時登録・広告有なので、無料出会いはフリーメールの利用が可能なものを選ぼう!yahooのフリメで利用する事をお薦めします。

絶対に完全無料をお探しならコチラ

世界展開する不倫専門コミュニティが日本上陸

アシュレイマディソン
昨年2013年6月から日本向けサービスを開始した不倫専門コミュニティ。その後、テレビ番組や新聞・雑誌等様々なメディアに取り上げられた注目度NO1!!
日本の出会える系とは少し違う海外のデーティングサイト!
そんなアシュレイマディソンへの登録方法注意点を、実際に登録してレポートしましたので、気になっていた方!参考にしてみて下さい♪

アシュレイマディンレポート

こんな場合は要注意「サクラの特徴」

サクラとは?

サクラにも様々なものがあります。過去から現在に到るまで遭遇してきたサクラたちの特徴を一部ご紹介いたします。
意外とパターン化されているのでわかりやすいものです。


サクラのメールはなぜ似るのか?
一斉送信されるサクラの配信メールですが、少し出会い系に慣れてくるとどれも似たような内容であることがわかってくると思います。しかしどうしてサクラのメールの内容が似るのでしょうか?

いくつかの原因が考えられますが、まず配信メールを作っているオペレータのネタ切れというのがあります。毎日数十通のメールを作成しているわけですが、そのオペレータが何ヶ月、何年も配信していると当然ネタもなくなってきて内容が似始めます。

また配信のネタに困ったオペレータは同業のサクラサイトの配信メールを受信してそのコピーメールを作ったりもします。こうしたことが重なってくると、どのサイトに登録しても似たような配信メールが蔓延することになります。

サクラのオペレータという仕事はとにかくユーザーからは憎まれますが、オペレータはオペレータで苦しんでいるということなのでしょうか…?


正会員手続きのその後の展開

高額援助系のサクラサイトのVIP会員の手口と同様に、本日中に3000円入金するだけで正会員になれるとして入金をうながすサクラサイトがあります。

もちろん騙しの手口であることはすぐに勘付けると思うのですが、もしこれ入金するとどうなるのでしょう?実験を行ったサクラサイトでは「正会員の方が辞めない限り正会員の枠には入れない」という言い訳が返ってきました。

もちろんその架空の正会員が辞めることはなく、ずっと枠待ち状態だったわけですが、その間にメールアドレスを運営者に預けていると言ってたサクラはメアド交換をキャンセルをしていました。

もちろんこのようなサクラとサクラサイトの運営者の逃げ方に納得する必要はありません。すぐに退会手続きを行い消費者センターなどに相談しましょう



自分のことしか話さないサクラ
何通か連続で用意されている自動送信系サクラの最大の特徴は「自分のことしか話さない」という特徴です。これは予め用意されているメールなので、ユーザーからどんな反応があったにせよそのメールを送るようにセットされています

具体的に言うと、初めてのメールに対して「好きな料理はなんですか?」と返信したとします。ところがその質問に対して無視か、あるいはタイトルで短く答えているだけのメールが返ってきたりします。つまりユーザーが好きな料理に関する質問をしてくるというのはメールを事前に作っている段階では想定されていないからなんです

サクラと言えば話がかみ合わなかったり、自分のことしか話さないという特徴があるのはもはや常識となっていますが、積極的にあまり聞かないような質問をぶつけてみるのも自動返信系のサクラを見破るのにはいい手かもしれません。


大組織のトップのサクラ

サクラはなぜか自分を必要以上に大きく見せようとしてきます。芸能人になりすまそうとするのもこうした自己顕示の過剰な表れかもしれません。

こうした感じで時として大企業のトップであったり、民間団体のトップのようなサクラが登場することがあります。

まずこうした立場の人間が身分を明かした上で出会い系サイトを利用することはほとんどありえません。芸能人のサクラと並んで多いパターンと言えそうです。



ブログをやっているサクラ
最近では非常に手の込んだサクラがいるようです。わざわざアメブロやFC2などでブログを書いてあたかも実在する女性のようにリアリティをもたせるサクラなのですが、ちゃんと記事もマメに更新されますし、メールのやり取り期間が長いと一種のファンのようになってしまったりもします

しかしこのブログをやっているサクラは冷静になってみると墓穴を掘っていることになります。無料のブログサービスを提供しているサイトにはほとんどコメント機能やメッセージ機能がついています。直アドを教えるのがイヤでもブログサービス上でコミュニケーションをとることは可能なんです。つまりブログの存在を教えた段階で出会い系サイトを通してメールする意味なんかなくなってしまうのです

もちろんサクラは「ブログへのメッセージには返信しないことにしている」などと言ってきますが、出会い系サイトで知り合った相手だとわかるメッセージに出会い系では返信するがブログ上では返信しない理由なんかありません。策士策に溺れる状態のサクラだと思って間違いなさそうです。


重病サクラ
典型的なサクラがよく使うキャラクターに芸能人の他に「重病の女の子」があります。「私がこんな体だから返事くれないんですか?」などととにかく情に訴えてきます。

確かにこういった女性が全くいないとは言い切れない部分があるのですが、入院生活をしていて出会い系サイトをやっているという状況はあまり多い状況ではないと思います。勇気付けてあげたいのなら、何も出会い系サイト内でわざわざメール交換を続ける必要はないので、双方がメールアドレスを交換してメール交換してもいいはずです。

もししばらくメール交換をした後、メールアドレスの交換に応じてくれないのならサクラである可能性は高いです。なんとも悪質な手口ですし、サクラの典型的なキャラクターであることなどは頭に入れておきましょう


サクラをやり返そうとしてはいけない

サクラに騙されたと気づいた多くの人が「何かやり返したい」と復讐心をたぎらせてしまうようですが、これは危険です。サクラと気付いたら二度とメールはしないことにして、罵詈雑言など浴びせてはいけません。

なぜかと言うとあらゆるユーザーの動向を把握してそれをお金に結び付けてくるのが悪質なサクラサイトの手口です。サクラの相手に罵詈雑言を浴びせたり、インフォメーションを罵ったりすると「営業妨害」や「侮辱罪の慰謝料請求」など次の請求の呼び水になってしまうことがあるからです。

サクラに騙されること自体腹立たしいもので、またそこに恋愛感情でも入り込んでいると憎しみしか覚えなくなってしまいます。でもそれをサクラやサクラサイトにぶつけたところで無駄です。当サイトでもサイト情報を投稿できますので、こうした情報サイトに被害情報を提供して自分以降の被害者を減らすことにエネルギーを向けてください。それが結果としてサクラサイトの売上を細らせる最も効果的な方法ですので。



出会い系システムアップデート
サクラとメールアドレスを交換しようとしたり、利用期間が少し長くなってきたりすると出会い系運営者から「システムアップデートしませんか?」というメールが届くことがあります。このシステムアップロードをすると本来文字化けするはずの本文中の連絡先などがしなくなったり、メールアドレス交換が無料になったり、サイト利用が使い放題になったりするというものです

もちろんこんなサービスにお金を払っても仕様は変わりません。メールアドレスは依然として交換できないままですし、「更なるシステムのグレードアップの必要性」を説くメールがくるだけになります。

そもそもなぜ出会い系のシステムをユーザーがお金を負担してしてあげなければならないのかわかりません。専門用語などを使ってそれらしく聞こえるように言ってきますが、詐欺の手口の一つなので無視するか退会してしまってもいいと思います。


ゲイサイトにもサクラが出没
出会い系サイトのサクラは何も男性会員をターゲットにしたサクラだけではありません。もちろん高額の援助芸能人などで騙そうとしてくる女性向けのサクラも有名ではないでしょうか?

そして昨今このゲイサイトでのサクラ被害がよく報告されているようです。サクラにとって例外はないようです。ゲイの出会いというニッチなところだから安心、という過信は何の役にも立ちません。

ゲイサイトは確かに多くはないのですがいくつか存在します。100%サクラサイトもあるようなのでサイト選びは慎重にしましょう


ポイント譲渡・代理購入の罠
ポイント譲渡や代理購入・代理負担というものを最近良く耳にします。これは、有料のポイント制サイトでよく行なわれているキャンーペーンのようなもので、お相手が自分の分のポイント代を立て替えてくれる、負担してくれるものだそうです。
その多くが、アドレス交換費用数十万円の負担や、会う約束のために数万円分くらいのポイントを譲渡してくれるようです。
もうこの時点でかなり怪しいのですね。なぜ会った事も無い人間を相手に数万〜数十万のお金を立て替えてくれるのか?なぜそこまでしてくれるのかわからない。
しかし…こういう場合はこの後結局アドレスが交換出来ない、会う事も出来ないというシナリオで、ポイントを立て替えてくれた、譲渡してくれたお相手の態度が急変するものです。
今まで立て替えたポイント代を返して欲しいなどとむちゃくちゃな事を言ってきます。「騙された」「弁護士に相談して訴える」などと…いろいろなパターンがありますが、どれも話が極端です。
アドレスの交換にしても、ほとんどの場合サイトのシステムがあまりにも不親切な為に交換が出来ない場合が多いのに、そのサイトのシステムを責めないのか?
また、会う事が出来なかった場合でも、それだけで訴えるなんてどうかしてるとしか思えません。
この手のものは、「裁判」「弁護士」などの文言でただただ脅しをかけているだけのものです。出来るなら裁判を起こしてもらえばいいと思います。
ネット上の相手を訴える場合は、まず、相手を特定しなければなりません。
出会い系サイトの登録に必要なメールアドレスから個人を特定するのは相当の手順が必要なので、一般の会員がそこまでしてくるなんてあまり考えられない事です。まあ、仮に個人の特定がされて、裁判所からその旨の内容の連絡が来たら、そこから対処を考えても遅くありません。裁判を起こされるから確実に負けるか?といわれたらそうじゃありません。
こういうケースはほとんど100パーセントサイトのサクラの手口です


女子大学生のサクラ

「●●大学に通ってます」という配信メールが来たことがある方も多いのではないでしょうか?実際大学生を騙るサクラって多いです。「時間の余裕がありそう」や「若い」などが人気の理由かもしれません。

しかし一方で大学生を騙るサクラは嘘が非常にばれやすい設定でもあります。なぜなら学校に問い合わせてしまえばすぐに在籍していないことが判明してしまうからです。「そこまでして…」と思うかもしれませんが、本当に確信が得たいならそれくらいのことはしてもいいと思います。

それとなく学部と学年を聞き出せば大学の規模にもよりますが、かなり特定できます。学科まで絞れれば対象となる人数は数十人になるでしょう。大学側でもあまり生徒の個人情報になるので照会を拒否する場合もありますが、「駅前で●●さんの学生証を拾ったのですが?」とでも言えば簡単にわかるでしょう。

もちろんこれで判明するのはその相手が学歴詐称をしていることであり、サクラだと証明できるわけではありませんが、出会い系で学歴を詐称しなきゃいけない理由ってなんなんでしょうか?サクラである可能性も濃厚となるでしょう。



サクラを疑ってくるサクラ
サクラの悪名が高くなるにつれて「出会い系=サクラ」という認識が広まってきました。こういった背景を受けてか「返事くれないなんてあなたサクラだったの?」のようにサクラがサクラを疑ってくるというメール内容が蔓延しています

「この子はサクラを疑っているんだからサクラじゃないんだろう」などと思ってはいけません。れっきとしたサクラです。オペレーター系のサクラとは「こんな言い方をすれば客は信じる」のようなマニュアルを持っており、なかなか初心者では太刀打ちできない部分もあります

ですがどんな言い方をしていても結局は会えませんし、アドレス交換もできませんし、サクラ撃退法で紹介している見破り方が通じます。冷静に対処すれば必ず見破れます。


サクラサイトのインフォメーション

サイトのインフォメーションなどは通常ユーザーの質問に答えたり、トラブル対応をするものですが、サクラサイトのインフォメーションは違います。

そもそもサクラはサイト運営とグルである場合のほうが多く、例えばサクラの苦情をインフォメーションに言った場合、無視されるかサクラ側を擁護する回答が返ってくることが多いでしょう。

また悪質なサイトではインフォメーションが難癖をつけて不当請求を行うこともあります。「インフォメーションだから中立」ということは幻想にすぎないようです。



サクラはどこからやってくる?
出会い系の数は改訂版出会い系サイト規正法により事業者は届出を義務付けられましたが、もちろん届出を行っていないサイトもありその数を合わせると2000サイトとも3000サイトともそれ以上とも言われています

その中の9割以上が悪質なサクラ運営だとするとサクラの数は1サイトに10人としてもとんでもない数になります。一体彼らはどこからやってくるののでしょうか?無料のアルバイト情報誌やインターネットの求人を見ても「サクラ募集」とはありません。多くの場合は「PC入力業務」や「メールオペレーター募集」のような文言で募集されています。面接されるほうも出会い系のサクラだとは思わずに面接に行くことが多いようです。中にはサクラ専用の募集サイトもあるようですが、「簡単なPC入力作業です」などの文言は出会い系のサクラを募集している可能性があります


おばさんサクラ
サクラ100%の出会い系サイトを利用しているとためにすごいおばさんからメールがくることがあります。年齢的には50歳より上で、中には70歳を超えているおばあさんも見たことがあります。

こういったおばさんもやはりサクラなのですが、フラれにフラれ過ぎると「本当にこのサイト会えるのか?」という疑問が当然沸いてきます。そして「おばさんくらいなら会えるは会えるかもしれない」と確かめてみる気で引っかかってしまう男性ユーザーがたまにいますが、そこまで卑屈になってもサクラはサクラです

実際出会い系サイトのユーザーを見た時に女性の上限は40歳代までと思います。いたとしてもかなり稀少な存在なのでそういう女性から何日かに1回でもメールがあるサイトはおかしいと思ってください。

■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.