ベネリ/Venery
サクラは居るの?口コミ報告

出会い系ベネリ/Venery{http://venery-garden.jp/}のサクラ口コミを公開中!
この口コミと運営会社【合同会社グローバル】情報から何がわかる?どんな所に注目したらいいの?

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 出会い系検索 > ベネリ/Veneryサクラ口コミ

ベネリ/Veneryのデータ公開中

サイト名 ベネリ/Venery
URL http://venery-garden.jp/
会社名 合同会社グローバル
所在地 東京都練馬区春日町六丁目5番25号
電話番号 0570-077-130
インフォ info@venery-garden.jp
料金設定 有料
現状 運営中
旧記載等
関連
データ取得 2016年2月3日 更新
検索
お探しの出会い系とは違う場合はこちらから検索してみて下さい

ベネリ/Venery サクラデータ/口コミ

当サイトに寄せられた「ベネリ/Venery」で活躍中のサクラと思われる会員・キャラの名前・登録地域・メール内容や口コミなどを公開しています。ベネリ/Venery利用の際の参考にして下さい。



サクラ

現在出会い系ベネリ/Venery[venery-garden.jp]にはサクラデータ・口コミ投稿はありません
サクラの居ない安全な出会い系かもしれません♪

サクラデータ/口コミ投稿

ベネリ/Veneryで見かけた「サクラ?」と思われる会員を見かけたら口コミ提供お願い致します。登録していないのに送られてくるメール等も!

下記ベネリ/Veneryの情報と該当出会い系の名前・運営・ドメイン等が間違いないか確認後、投稿して下さい
ベネリ/Venery
合同会社グローバル
http://venery-garden.jp/

投稿者

(投稿ネームをお願いします:匿名可)

性別
男性 女性

登録地域

サクラ名

(サクラと思われる人物からのメール内容など)

上記内容で宜しいですか?
はい いいえ


ベネリ/Venery のドメイン・URL から何がわかる?

まず、ベネリ/Veneryのドメイン(URL)[venery-garden.jp]を確認しましょう!複数ありますか?それとも1つ?

ドメイン(URL)が1つの場合は、そのドメインで責任を持って運営している可能性も高く、迷惑行為等の心配も少ない出会い系でしょう!

もしベネリ/Veneryのドメイン(URL)が複数確認されている場合
基本的に出会い系(異性紹介事業)を運営するのに、ドメイン(URL)は一つあれば十分だと思います。それにも係らず数個〜数十個も存在しているのは何か意図があるのでしょうか?

良くある悪質なケースとしては「大量に広告を送りつける」「配信停止が出来ない」「退会出来ない」などの迷惑行為があります。そういった場合、まず利用者が行なうのはドメイン拒否やアドレス変更。しかし、「アドレス変更やドメイン拒否」されても…ドメイン(URL)がたくさんあればその分だけ再度迷惑メールが届く・送れるようになります。

アドレス変更・ドメイン拒否されても、ドメインが大量にあればしつこく迷惑行為が出来ますので、あまりにもドメイン(URL)が多い出会い系は…注意が必要でしょう!

また、出会い系サイト規制法改定により運営者は出会い系のドメイン(URL)も全て届出に記載して報告しておかなければいけません。大量にある場合はちゃんと全ての届出を出しているのならいいのですが…正直疑問です。

迷惑メール防止法に違反している迷惑メール行為と思われる場合は…
迷惑メールに一矢報いる!
迷惑行為対処法
をご確認ください。
迷惑メール相談センターの「総務省における行政処分 実施状況」というデータも確認しておきましょう。

ベネリ/Venery の会社概要 から何がわかる?

異性紹介事業者は、管轄の公安委員会に届出をすし、会員の年齢認証「18歳未満出ない確認」をする義務があります
→「出会い系サイト規制法改定
義務化された「年齢認証」専用のページがあったり、TOPページなどで「届出受理番号」をしっかり表記している場合もありますので、確認を忘れずに!

ベネリ/Veneryが有料サービスの場合は、会社名・住所・電話番号・利用料金詳細等の表記が必要です
→「特定商取引法・特商法

このように異性紹介事業を運営するにはいろいろと法律で定められた事項をクリアしなければなりません。
ベネリ/Veneryの会社[合同会社グローバル]がしっかりと届出を行い、しっかりと特商法を記載しているならば、悪質な詐欺行為を簡単には出来ないはずです。逆に、その辺の記載がしっかりしていない=詐欺行為に遭遇する可能性が高い?!という事です
しっかり確認して架空請求や自動後払い等の詐欺行為!にあわない!

ここ数年…「海外住所」「海外企業」と思われる異性紹介事業会社が増えました。
こういう
海外の企業の場合は何を注意したらいいのか?
ですが…これも日本の会社と同じようにしっかりと上記「規制法の年齢認証や届出受理番号」や「特定商取引法の記載」「個人情報保護法に関する記載」が無いか見てみましょう!
それらの日本の法令に関する記載があるようなら、「日本の法令に基づいた運営」ですので、各法令に準じているのかしっかり確認すれば大丈夫です。
「利用規約内」で「準拠法」「適用法令」として記載されている場合がありますので、それらを確認しましょう。

上記投稿・掲載について

掲載されているサクラ・口コミ投稿は投稿者の個人的な感想です。あくまでも参考程度にご利用下さい
上記出会い系データは、調査時点で取得したものです。現在は変更されている場合もあります。
掲載中の出会い系データ/口コミ投稿については、 運営方針&削除依頼により適切に対応しております

女性無料の優良コミュニティ!

安定の老舗出会える系。運営歴が信頼の証!出会える系サイトの特徴は女性は完全無料!

オススメ優良老舗運営はコチラ

完全無料コミュニティ!フリメ登録当たり前!

どうしてもタダにこだわる方には…。同時登録・広告有なので、無料出会いはフリーメールの利用が可能なものを選ぼう!yahooのフリメで利用する事をお薦めします。

絶対に完全無料をお探しならコチラ

世界展開する不倫専門コミュニティが日本上陸

アシュレイマディソン
昨年2013年6月から日本向けサービスを開始した不倫専門コミュニティ。その後、テレビ番組や新聞・雑誌等様々なメディアに取り上げられた注目度NO1!!
日本の出会える系とは少し違う海外のデーティングサイト!
そんなアシュレイマディソンへの登録方法注意点を、実際に登録してレポートしましたので、気になっていた方!参考にしてみて下さい♪

アシュレイマディンレポート

こんな場合は要注意「サクラの特徴」

サクラとは?

サクラにも様々なものがあります。過去から現在に到るまで遭遇してきたサクラたちの特徴を一部ご紹介いたします。
意外とパターン化されているのでわかりやすいものです。


懸賞サイトから高額当選で釣り

最近悪名を高めつつあるのが懸賞サイトなんですが、こんなところにも出会い系のサクラがいるようです。というよりかは、サクラサイトの運営が入会口として偽懸賞サイトを作っているというのが正確なのかもしれませんが…

手口を説明しておくと、懸賞サイトに登録するといきなり高額のお金を振り込むという人や、高額のお金が当選したりします。出会い系サイト馴れした人からすればおなじみの「援助系の釣り」なのですが、懸賞サイトだと思って登録した出会い系馴れしていない方は簡単にサクラに釣られてしまうようです。また懸賞サイトという場だから、出会い系では引っかからない人も「まさか」と思いながら被害に遭うことも多いです。

かつてはアダルトサイトの画像リンクなどをクリックすれば出会い系サイトに飛ばされるなど単純な仕掛けが多かったのですが、最近は特に巧妙化しているように思います。特に女性をターゲットにしたサクラがこの手の懸賞サイトには多いのでご注意ください。



サクラはどこからやってくる?
出会い系の数は改訂版出会い系サイト規正法により事業者は届出を義務付けられましたが、もちろん届出を行っていないサイトもありその数を合わせると2000サイトとも3000サイトともそれ以上とも言われています

その中の9割以上が悪質なサクラ運営だとするとサクラの数は1サイトに10人としてもとんでもない数になります。一体彼らはどこからやってくるののでしょうか?無料のアルバイト情報誌やインターネットの求人を見ても「サクラ募集」とはありません。多くの場合は「PC入力業務」や「メールオペレーター募集」のような文言で募集されています。面接されるほうも出会い系のサクラだとは思わずに面接に行くことが多いようです。中にはサクラ専用の募集サイトもあるようですが、「簡単なPC入力作業です」などの文言は出会い系のサクラを募集している可能性があります


援デリ業者
最近ニュースで「援デリ業者」の逮捕などを目にしませんか?
これは厳密には「サクラサイト」には存在しません。なぜなら…援デリ業者が演じるキャラは実際に出会えて、実際にいろいろ出来ちゃうからです。従来のサクラサイトのように、会わないでメールのみでポイントを削りそれをサイトの売上げとしているものではありません。
なので、援デリ業者は「出会える系サイト」に存在します。今までは、デリヘル業者やデリヘルで働いている女性が、出会える系サイトに登録してお客さんを探すような事はありましたが、この援デリ業者は、もちろん無届・管理売春を行う違法業者です。
手口としては、出会える系サイトで条件付で交際する女性(間単に言えば売春目的の一般女性:運営も売春は禁止していますので、隠語などを駆使しています。)を演じ、男性会員と仲良くなり、会う約束の為にアドレス交換を行います。アドレス交換をしてしまえば、サイトは関係なくなりますので、直接のメールで詳しい条件を提示。条件があえば会う。
ここで、サイト内でメールを行っているのは、ほとんどが管理をしている男性で、実際に会いに行くのは、雇っている女性です。
雇っているとは言っても、雇用関係では無いのが普通です。
こういう事を行っている女性は、もともと援助交際(お金等の条件で交際する事)をしていた経験がある女性が多いようで、自分からお客さんを探すのが手間なので、管理する男性などに任せて、自分は身体を売る。というようにお互いにギブ&テイクの関係を築いているようです。
女性と管理者との取り分は折半〜4(管理):6(女性)が相場のようです。
こうやって、囲っている女性に出会える系サイトでお客さんを探し、売春をさせているのが、援デリ業者です。
ですが…業者と言っても、男女あわせて6人以内というような規模がほとんどで、雇用関係も無く、メールを管理している男性は、プライベートのメールまで徹底的に行ったりと、男性利用者に業者である事を悟らせない工夫をしているようです。もちろん女性にもメール内容と話が合うようにしています。
その為、この行為自体が「管理売春」とばれる事はほとんど無いようです。女性が口を割らない限り…

男性利用者にとっては、お金はかかりますが…実際に出会えてそういう事まで出来るならいいじゃないか!とも思いますが…この援デリ業者にも危険はあります。それは、お相手が18歳未満の児童である可能性もあるからです。
サイト内でのメールは、管理者が行い、現地には女性を派遣。その派遣された女性が18歳以上とは限りません…
そうなった場合、関係を持った後に、その業者や女性が警察のお世話になった場合…携帯のログなどから利用した男性も警察のお世話になる可能性があります。
この援デリをどう考えて、利用するしないは利用者の自己責任です。ただ、出会える系サイトでこのような行為が横行すれば…また出会い系サイト業界に規制の話はが出てくるかもしれません。


外国人ユーザーにはご注意を

「留学で日本にきています」や「フランス人とのハーフです」という外国人やハーフを売りにしたサクラもまた王道の部類に入ってくると思います。

実際日本にいる外国人の方が出会い系サイトを利用する可能性はあります。だから外国人だから即サクラではないのですが、この外国人ユーザーはサクラじゃない場合のほうがトラブルを起こしているともいえます。

外国人の異性との出会いをメインコンテンツにしているサイトの裏事情を聞いたのですが、被害者の多くは女性。そのトラブルは「体の関係だけをもつと音信不通になった」や「複数の浮気相手の1人でしかなかった」というものです。

確かに外国人との交流は文化的な違いもあるので、想定していないところでトラブルになったりもしますし、意思疎通が思っている以上に取れていなかったことによる勘違いもあります。ご注意くださいと言ってもどこをどうすればいいのか指針もありませんが、情報として抑えておいてください。



メールアドレスをお預かりしています
芸能人サクラに限らずよく使われるのが「お相手のアドレスをお預かりしていますので本日中に受取ってください」というサイトインフォメーションからの連絡です。これは無料お試し期間中の会員や新規入会の会員に対してサクラ運営をしている業者が送るもののようです

高額ポイント当選にも似ている手口なのですが、もちろんアドレスを受取るには本会員にならなくてはならず、その条件に数千円の入金をさせるのが狙いなのですがもちろん入金をしたところでメールアドレスを受け取ることはできません。もっと悪質な場合ではさらに入金させようとしてくる運営者もいるようです

サクラ運営をしている会社はサクラと運営者が連携をとっている場合がほとんどです。なぜかインフォメーションの人は中立だろうと思ってしまいがちですが、完全にグルです。サイトを上げてユーザーを騙そうとしてきますが結局は入金させようとしているだけだと冷めた目で見ればなんでもないことなんです


お花屋さんの生活実態
小学生の女の子がなりたい職業で数十年前からTOP5に入り続け不動の人気を得ている「お花屋さん」ですが、男性からも人気は高いのではないでしょうか?

このお花屋さんですが、花の販売だけをしていれば成り立った過去とは少し事情が異なり、最近ではフラワーアレンジメントも含めてお花屋さんとなっている場合がほとんどです。それも業務としては販売接客、デザイン、仕入れと少人数で回すため広範な業務となるようです。

花屋のスタッフの特徴として、朝が早いということがあります。仕入れをするためには卸売り市場にセリに行かないといけませんが、そのセリの通常の開始時間は東京の卸売市場で午前6時半です。もちろん仕入れを担当しているスタッフですが、市場までの距離があれば夜明けから働いているスタッフもいるんじゃないでしょうか?

さらに基本的には閉店、店締めまで勤務になるのですが、飲食店のオープン時の花の配送などはどうしても夜になりますし「朝早く、夜遅い」で勤務はかなりハードと言えそうです。

もし今出会い系サイトでメールをしているお花屋さんのスタッフが朝寝坊だったり、花の種類に関して全然知識がないようならチョット怪しいかもしれません…


エロ写メつきのサクラ配信メール

悪質なサクラサイトに登録していると目をそむけたくなるような猥褻な写メを添付したメールが送られてくることがあります。

もしそこに性器や露骨な性的描写が含まれていた場合、公然わいせつ罪になる可能性があります。ただしそれには大量の会員(5人以上)に国内のサーバーから送信されたという法的な証明が必要になりますが。

確かにそういうサクラメールに返信をしても犯罪行為には当たらないのですが、まず会えませんので時間と利用費の無駄になることは言うまでもありません。



電話できるサクラ

昨今のサクラは非常に手の込んでいることが多く、ブログをやっているサクラでも紹介した通り、被害者の信用を得るために電話でお話できる場合すらあるようです

タネを明かしてしまえばなんでもないことなのですが、サクラのバイトの女の子がそのキャラクターになりきって簡単なお話しているだけです。なので電話で声が聞けたからと言って「この人は一般女性だ」思うことや、「少なくとも女性だ」などと思い込むのは何の根拠もないのと一緒です。

実際サクラと電話をしても特に話が進むわけでも会えるようになるわけでもありません。「電話はできた。で?会えるの?」くらいの信用度に留めておくべきかもしれませんね。


間違いメールから出会い系へ
最近多いのが、mixiやフェイスブックなどの大手SNSで、知り合いを装った間違いメールや、知り合いと勘違いした系の間違いメール等を送り、相手が返信をしてきた際に…
なんだかんだあれやこれやと「これも何かの縁ですね♪」みたいなのりで、お友達になりましょう♪→アド交換しましょうね♪
とまあ…思わぬ異性との出会いなので、ついついOKしてしまいがちですが…
この後の展開は、

@そのSNSがアドレス交換を禁止している場合 →「このサイトならアド交換出来るから、ここに登録して交換しようよ」と、怪しい出会い系に誘導されます。
AそのSNSがアド交換出来る場合 → 一旦交換が可能。しかし、その後「彼氏(彼女)にばれた」「会社の携帯で上司に怒られた」などなどのよくわからない理由で、「とりあえずここでまた連絡取り合えないかな?」みたいな内容で、怪しい出会い系へと誘導されちゃいます。
よくよく考えると怪しいところが満載なんですが、出会いを禁止されているSNSなどで、思わぬ異性からのアプローチに遭遇してしまうと、人間以外と簡単に騙されちゃうようです。こころのどこかに異性との出会いを期待しているからでしょうか?
なんにしろ、そのような気持ちを利用するのが上手いのがサクラです。SNSなどのコミュニティーは、知らない人からのお誘いにはそれなりに注意しておきましょう!


美容師の生活実態
一時期カリスマ美容師が大ブームになったせいか、現在でも美容師や美容師見習いのサクラを多く見かけます。なかなか「美容師の彼女がほしい」という男性は少ないかもしれませんが、「美容師の彼がほしい」という女性は多いのでは?

美容師の生活実態を探ってみるとまずは「肉体労働の割りに薄給」という事実が見えてきます。統計によると美容師の平均年収は267万円。同じ肉体労働で薄給と言われている保母さん(保育士)の平均年収が325万円ですが、それよりさらに年間75万円程度安いということになります。

また休日が週1である美容師がほとんどであり、勤務時間後に研修や勉強会(無給)を行うのが通例ですので実質勤務時間は営業時間+2時間程度とかなりの超過勤務になります。

サクラかサクラじゃないかはともかく、恋人になったらなったで会えない寂しさとの戦いになるかもしれません。また特徴として男性スタッフの同性愛好者比率が高いというのも特色ではないでしょうか。


サクラサイトのインフォメーション

サイトのインフォメーションなどは通常ユーザーの質問に答えたり、トラブル対応をするものですが、サクラサイトのインフォメーションは違います。

そもそもサクラはサイト運営とグルである場合のほうが多く、例えばサクラの苦情をインフォメーションに言った場合、無視されるかサクラ側を擁護する回答が返ってくることが多いでしょう。

また悪質なサイトではインフォメーションが難癖をつけて不当請求を行うこともあります。「インフォメーションだから中立」ということは幻想にすぎないようです。



サクラ被害を通報する大切さ

サクラの被害にあった場合、面倒くさくてもバツが悪くても警察や消費者庁などの公官庁の専門窓口へ届け出ることがすごく大事なことなのです。

なぜなら警察などの機関は1通の被害だけで捜査を行うことはありません。被害者なり被害相談が相当件数に達した時、はじめて捜査に移ることができるのです。

そのためサクラに騙されたと言いながら何の届出も行わなかったら、そのサクラサイトはいつまでも人を騙し続けることができるのです。自分の被害届け1件くらいじゃ何もできないと皆が考えてしまっては、被害者は負け続けることになってしまうだけなのです。



メール内容の後編集

サクラと言ってもオペレーターのサクラは人力なので、どうしても人為的ミスを犯してしまいます。その為100%サクラサイトでは送ったメールを後から編集できる機能をもたせているところがあります。

例えば人為的ミスで一番多いのが名前の呼び間違えです。別のユーザーの名前を呼んでしまうことは恋愛関係に近い間柄の男女では致命傷になりかねないミスです。こうしたミスを犯して「どういうことだ??」とメールした直後、過去のメールが訂正されています。そして「何を言ってるの?」という感じで返事してきますが、これはあながち勘違いでもいえないのです。

サクラサイトはサクラが勝つべくして勝てるような仕様になっています。一般ユーザーはサクラに打ち勝つことはできないです。一番いいのはサクラサイトは退会して無視することです。



キャッシュバッカーは通報を!!
出会える系サイトの多くが女性会員のキャッシュバック制度を採用しています。これは厳密にはサイトに雇われているサクラとは違い、サイト利用にかかったパケット通信代を返します、という名目で行われる女性会員の利用をうながすための措置です。

ですが当然ながらお小遣い稼ぎの目的で男性とメールするキャッシュバッカーもいます。会う約束だけしてすっぽかしたり、とにかく男性ユーザーからすればサクラとなんら変わりありません。中にはプロのサクラ並にたくさんの男性とメールのやりとりをするキャッシュバッカーもいるようです。

こうした悪質な会員はサイト運営者に通報しましょう。運営者は露骨なキャッシュバック目的の利用に対して厳しく、キャッシュバック目的だと通報された会員に対してはキャッシュバックを行わないという措置を講じてくれます。

悪質なキャッシュバッカーは出会い系サイトに不要な存在です。もし運悪くキャッシュバッカーに当たってしまったら「やられた…」と思うだけでなく、通報機能を活用して下さい。それがサイト環境の改善に大いに役立つことなのです。


待ち合わせ場所にいるサクラ
サクラとデートの約束をすると普通は「忙しくて都合がつかない」などと断ってくたりドタキャンをしてくるのですが、それが何度も続く内にデートに応じてくる場合があります。もちろんサクラなんですからデートしてくれるわけではありません。あたかもその付近にいるかのようになりすますだけです

もちろんこうした状況下では「今どこにいるの?」や「●●が見えるよ」など頻繁にメールのやりとりをすることになります。それもサクラの狙いの一つなのですが、有料ポイント制サイトでは1時間の間に大量のメール送受信料を稼げることになります。

サクラも巧妙にその待ち合わせ場所の近くにいるように装ってきて、すれ違ったり、道に迷ったり、待ち合わせ場所を急に変更してきたりします。防止策は事前にキッチリ待ち合わせ時間や場所、お互いの特徴を決めておくことと、最低でもメールアドレス交換をしておくことです。「会ってもいいな」と思える相手なのにメールアドレス交換はイヤってこと通常ではありませんので。

■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.