悪質出会い詐欺の手口
出会い系の覚せい剤被害広がる

悪質出会い系で使われる手口【出会い系の覚せい剤被害広がる】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 悪質詐欺の手口! > 出会い系の覚せい剤被害広がる

悪質!出会い系の覚せい剤被害広がる

知っていれば騙され無い!出会い系の覚せい剤被害広がる

出会い系の覚せい剤被害広がる

最近出会い系サイトを契機とした覚せい剤に関わる犯罪のニュースが多数報道されています。キメ友募集への注意として以前取り上げましたが、その他のケースも報告されています。

何より薬物の売人が出会い系サイトで顧客を探していることがあります。普通の出会いを探しているユーザーに見せかけて実際は会った相手に薬物を注入することが目的である場合もあります。それが強引な手である場合もあれば、巧妙な勧誘の場合もあります。

もちろんこうした悪質な薬物ユーザーに対して予防策は難しいのですが、覚せい剤は1回でも使用すると中毒になる可能性があります。もしこうしたユーザーを見かけた場合は警察に通報してサイト環境の健全化に各々が協力するべきでしょう。

悪質手口のジャンル

詐欺/騙し| 脅迫/脅し| 提携/同時登録| 迷惑行為

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

IPアドレスから何がわかる?

IPアドレスから個人情報取得は嘘

メールアドレスから何がわかる?と似たようなケースですが、携帯電話じゃではなくPCで悪質なサイトを利用し、架空請求の被害にあう場合に良く使われるものです。
これもなんだかんだとこういう用語を使えば騙せると思った程度のものでしょう。よくあるのが、「お客様がご利用された時のIPアドレスからお客様のご利用住所を割り出し、ご自宅やお勤め先まで請求させていただきます。」のような感じです。
このIPアドレスですが…確かに公的機関などがやろうとなればそこまで可能です。ですが…たかだか迷惑メール送信やワンクリック詐欺等の架空請求業者にはやはり不可能です。
メールアドレスにしても、IPアドレスの情報にしても、管理しているのは、大手携帯会社や大手プロバイダなどです。この手の大手の企業は、個人情報保護法でしっかりと個人情報を管理していますので、公的機関などの要請以外では契約情報を提供する事はまずありません!


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.