悪質出会い詐欺の手口
年齢認証を悪用

悪質出会い系で使われる手口【年齢認証を悪用】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 悪質詐欺の手口! > 年齢認証を悪用

悪質!年齢認証を悪用

知っていれば騙され無い!年齢認証を悪用

年齢認証を悪用

出会い系サイト規制法の改正により出会い系サイトを利用する際には、18歳以上である確認を行なわなければならなくなりました。その際に利用されるのが、「運転免許証」「保険証」「パスポート」などの公的機関が発行したものです。その際に必要な情報は、
生年月日
書面の名称
書面の発行・発給者の名称
部分があれば問題ありません。その為、その他の住所や本名などの不必要な部分は塗りつぶすなり目隠しにしても問題ありません。
出会い系サイト規制法で確認を求められているのはあくまでも年齢です。その他情報は必要ありません。
これが一般的な年齢認証の方法ですが…最近この認証を逆手にとって悪用するサイトが増えました。
例えば、「年齢確認」という名目で、住所や本名を目隠ししないで届出させる方法で、必要以上の個人情報を手に入れようとしたり、「年齢認証・本人確認」という名目で、これも住所や本名など、出会い系サイト規制法で定められている事項以上のものを求めたりしてきます。これらの好意は、これ自体では、サイトの運営方針と言えばそれまでなので悪質ではないのですが、「出会い系サイト規制法により義務化されています」などという文言と一緒に行なわれている場合は悪質と言えます。出会い系サイト規制法では生年月日/書面の名称/書面の発行・発給者の名称で十分です。それ以上の情報を法律の名の下に引き出そうというのは…正直怪しいです。
この手の行為を行なっているサイトの多くでは、のちのち個人情報をチラつかせて、裁判だの何だのといろいろと悪質な請求を行ってくるものが多いようです。
本人確認や出会い系サイト規制法での年齢確認だともっともらしいことを言ってきますが、年齢確認だけなら必要最低限の情報で十分です。それ以上の情報を求めてくるサイトは極力利用しない事をおすすめします。

悪質手口のジャンル

詐欺/騙し| 脅迫/脅し| 提携/同時登録| 迷惑行為

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

悪質な迷惑メール対処法A

無視するためにドメイン拒否

悪質な迷惑メールを送ってくる業者へ下手に連絡をする事は危険です。配信をやめるように連絡した時に、わざわざメールアドレスが存在している事を教えたり、また、電話での連絡を要求され、電話番号まで相手に教える事になったりと…そのくせほとんどの場合配信停止や退会の処理は行ないません。
なので、いちいち相手にするのも面倒なので、さっさとドメイン拒否をする事をオススメします。
ドメイン拒否と言うのは、送られてくる迷惑メールアドレスの一部分「ドメイン部分」を携帯電話の拒否設定にする事で、こうする事で、今後その該当ドメインからのメールを全て拒否する仕組みです。
このドメインというのは、送られてくるメールアドレスの大体最後の部分。
******.net
******.jp
******.com
******.info
******.biz
等です。この「******.***」の単位で拒否設定するのが確実です。
ですがこれはドメイン単位での拒否なので、別のドメインなどから送られると対応出来ないので、その場合は各ドメイン毎に拒否しなければいけません。


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.