悪質出会い詐欺の手口
利用規約が変わる

悪質出会い系で使われる手口【利用規約が変わる】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 悪質詐欺の手口! > 利用規約が変わる

悪質!利用規約が変わる

知っていれば騙され無い!利用規約が変わる

利用規約が変わる

出会い系中級者以上になると利用規約を読んでから入会するようになりますが、悪質なサイトの一部で入金して「VIP会員」など特別な会員になると利用規約が変わるサイトがあります

当然利用規約の変更する意図はサクラ行為をより有利にするためや高額な利用料金を課すためです

もちろんサイト側は利用規約が変更される時点で会員にそれを通知するべきですが、当然ながら通知せずユーザーがクレームを出すと「利用規約に同意されていますので」という対応をとられます。もちろんこうした契約には不公平性がありますので無効にできる可能性のほうが強いです。消費者センターなどに相談しましょう

悪質手口のジャンル

詐欺/騙し| 脅迫/脅し| 提携/同時登録| 迷惑行為

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

迷惑メール情報を提供しよう

迷惑メールに一矢報いる!

迷惑メールやスパムメールに悩まされてばかりではなかなか怒りが収まりません!
そんな方には、送られてくる迷惑メール・スパムメールを毎回しっかりと通報、情報提供することをオススメします。
迷惑メールには種類があり、大きく分けて、
オプトイン違反
再送信違反
です。
このオプトイン違反というのは、広告メールを「受け取る」とはいっていないのに送られてきたメールの事。つまり、「登録した覚えの無いサイトからのメール」は全てこれに該当するようです。
このオプトイン違反のメールは情報提供フォーム(不同意広告宣伝メール、表示義務違反及び送信者情報偽装)から情報提供しましょう。
また、再送信違反というのは、一度受け取りを拒否したにもかかわらず、配信停止の処理をせずしつこく送りつけてくる違反ですので、「出会い系サイトなどで退会・配信停止の意思を伝えたのにしつこくメールが送られてくる」というのが該当します。
この再送信違反メールは情報提供フォーム(受信拒否後に送信された広告宣伝メール)から情報提供しましょう。
2箇所とも迷惑メール相談センターの情報提供フォームです。こういう場所へ報告することで、総務省の特定電子メール法違反に係る措置命令につながります。


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.