悪質出会い詐欺の手口
ブラックリストに延滞情報を提供

悪質出会い系で使われる手口【ブラックリストに延滞情報を提供】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 悪質詐欺の手口! > ブラックリストに延滞情報を提供

悪質!ブラックリストに延滞情報を提供

知っていれば騙され無い!ブラックリストに延滞情報を提供

ブラックリストに延滞情報を提供

悪徳業者がよく使う手口で架空請求などの督促の際に金融機関等のブラックリストに利用料の延滞情報を提供するという主旨の脅しをかけてくることがあります

確かにクレジットカードや携帯電話で利用料金を延滞すれば各社が情報共有するブラックリストに載せられて2年間ほど新たな契約の際に審査が下りにくくなることがあります。脅しとしてはかなり効くようでブラックリストに載ってしまうよりも、納得はできないけれど2万円程度の料金なら払ってしまおうという被害者も多いようです。

ところがこの世に言うブラックリストですが、その個人の延滞状況などはかなり重要な個人情報になると思いませんか?実はこのブラックリストに記載されている情報を利用するためには信用情報機構という指定機関への加盟が必須になります。この信用情報機関へ加盟している企業を見てみますと出会い系サイト運営者は見当たりません。主に信販会社・消費者金融・金融機関・保証会社などです。つまり加盟員でない出会い系サイトがこのようなブラックリストに情報提供できる立場なのかどうか極めて疑問なところです

実際に出会い系サイトの延滞金を払わなかったことでこの信用情報機関のブラックリストに載ってしまったという被害者は聞いたことがありません。そもそも正規の利用料金ではなく、不当な契約で請求されている金額なのですから…。

ただしそれじゃブラックリストに載らないのなら加盟員じゃないサービスの料金は踏み倒していいのかと言うと、ブラックリストに載ることはないにせよ、正規の契約を交わしている場合は請求訴訟を起こされ裁判所から支払い命令が下ります。架空請求など身に覚えのない利用料金のみということは必ず覚えておいてください。

悪質手口のジャンル

詐欺/騙し| 脅迫/脅し| 提携/同時登録| 迷惑行為

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

IPアドレスから何がわかる?

IPアドレスから個人情報取得は嘘

メールアドレスから何がわかる?と似たようなケースですが、携帯電話じゃではなくPCで悪質なサイトを利用し、架空請求の被害にあう場合に良く使われるものです。
これもなんだかんだとこういう用語を使えば騙せると思った程度のものでしょう。よくあるのが、「お客様がご利用された時のIPアドレスからお客様のご利用住所を割り出し、ご自宅やお勤め先まで請求させていただきます。」のような感じです。
このIPアドレスですが…確かに公的機関などがやろうとなればそこまで可能です。ですが…たかだか迷惑メール送信やワンクリック詐欺等の架空請求業者にはやはり不可能です。
メールアドレスにしても、IPアドレスの情報にしても、管理しているのは、大手携帯会社や大手プロバイダなどです。この手の大手の企業は、個人情報保護法でしっかりと個人情報を管理していますので、公的機関などの要請以外では契約情報を提供する事はまずありません!


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.