悪質出会い・サクラ見極め!
登録後のメール

悪質出会い系サイトで使われる手口を逆手に!【登録後のメール】で自己防衛!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > 悪質見極め! > 登録後のメール

要確認!登録後のメール

自己防衛で楽しい出会い!登録後のメール

登録後のメール

最初にはっきりとさせておきますが、優良サイトに登録をして、一般的なプロフィールの設定が終わった!
からといって…お誘いのメールが来る!?とは限りません…というよりも、ほとんどメールは来ない!と思って下さい。優良サイトで、会員数が多ければ多いほど…異性に自分を見てもらい且つメールをもらうのはそんな簡単ではありません。自分の容姿に自信があり、写メや動画などでアピールする場合はお誘いがあるかもしれませんが…普通、特に男性は難しいと思って下さい!

何がいいたいかというと…サクラ満開の悪質サイトのようにお誘いメールがひっきりなしに来る!なんて事はありません!!待ってるだけの人は出会いのチャンスも逃しています。優良出会い系サイトでは、特に男性は自分からどんどんお相手を探してどんどん誘っちゃいましょう!優良出会い系サイトで出会ってる男性は、自ら動くタイプの人です
それか…プロフィールがとても面白く興味を持たせられる人物です。自分に合うタイプで楽しみましょう!

サクラサイトと違って、何もしないと何にも起きません…


出会い系見極め段階

登録前に確認| 登録後に確認

この記事を読んだ人は下記法律もチェックしています

刑法231条

侮辱罪

侮辱罪は名誉毀損罪との関連性が指摘されますが、この両法の違いは判例などで運用の違いなどを見てみると「事実の摘示」があるかないかだと言われています。事実の摘示がなく、名誉感情を傷つけただけでは侮辱罪が適用される傾向があるということです

注意点は侮辱罪も名誉毀損罪も「公然性」のあるところで始めて成立しますので、例えば個人間のメールのやりとりで行われても公然性がないため成立しません。掲示板やブログなど不特定多数の人目があると認められる場合のみですので、悪口を言ったら即侮辱罪というのは誤りです

また事実の摘示に関しては、太っている人に対して「デブ」などと言う事は事実の摘示に当たりますが、「バカ」という内面的な特徴に関しては事実かどうか立証できないものなので事実の摘示に当たらない傾向があるようです。


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.