お役立ち法規
個人情報保護法

悪質出会い系の詐欺の手口に対抗する為の法律!【個人情報保護法】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質出会い見極め| 出会えるメール術| サクラ無し出会い| 完全無料出会い

悪質詐欺サクラTOP > 法律知識 > 個人情報保護法

個人情報保護法

知っていれば安心!個人情報保護法

個人情報保護法

正式名称
個人情報の保護に関する法律

個人情報保護法および同施行令により、5000件を超える個人情報を個人情報データベース等として所持し事業に用いている事業者は個人情報取扱事業者とされ、個人情報取扱事業者が主務大臣への報告やそれに伴う改善措置に従わない等の適切な対処を行わなかった場合は、事業者に対して刑事罰が科される

個人情報取扱事業者の主な義務
個人情報について
@利用目的の特定(15条)
A利用目的の制限(16条)
B適正な取得(17条)
C取得に際しての利用目的の通知(18条)
D苦情の処理(31条)

これらは、上記規定の個人情報取扱事業者が守らなければならない法律です
ですが個人情報を漏洩した事自体には直接罰則は無く、それによって中止・是正措置の勧告がなされる等が行われ、従わない場合または要求された報告をしない場合に罰則が課されます。
個人情報取扱事業者に対する監督が行われる法律です

ただし、個人情報の漏洩が原因で損害が発生した場合は、民事上の責任を問われる場合があるようです

もちろんこの法律は出会い系サイト運営業者で、会員数が5000人以上の場合適用されます
では出会い系サイトでは具体的に何が規制されるのか?
@個人情報入手の利用目的を明示
出会い系サイトに登録させる前に、個人情報の利用目的を明示しなければいけない
A利用目的以外に個人情報の利用が出来ない
1つの運営サイトで集めた会員情報を勝手に別のサイトに強制登録させることが出来なくなった
B購入した名簿を利用しDMを出すことが出来ない
個人情報の売買によって手に入れたアドレスにスパムメールの配信・強制登録が出来なくなった
C個人情報保護の社内体制を確立・苦情窓口を設置しなければいけない
info等で苦情があった場合対応しなければいけない等

このように出会い系サイト運営業者に対しても法律により規制される部分が多く、特に悪徳な手口で運営している業者に法的措置が取れるが、多くの悪徳業者は「個人情報保護法」を守っていない。

2005-04-01施行


日本でも不倫旋風を巻き起こす?

世界23ヶ国で展開し、ハリウッドや海外のセレブで話題の不倫目的出会い系サイトがとうとう日本にも上陸しました♪
昨年の2013年6月日本サービス開始以来、サンデージャポンミヤネ屋をはじめ数多くのテレビや雑誌・新聞で取り上げられてきたので、出会い系サイトを楽しんでいる皆さんなら一度は聞いた事ある名前だと思います…
では実際にどうなのか?
気になりますよね…?実際に登録して使ってみたのでご紹介します!

アシュレイマディンレポート
↓↓↓↓↓

■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.