お役立ち法規
消費者契約法

悪質出会い系の詐欺の手口に対抗する為の法律!【消費者契約法】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質出会い見極め| 出会えるメール術| サクラ無し出会い| 完全無料出会い

悪質詐欺サクラTOP > 法律知識 > 消費者契約法

消費者契約法

知っていれば安心!消費者契約法

消費者契約法

正式名称
消費者契約法

消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力の格差にかんがみ、事業者の一定の行為により消費者が誤認し、又は困惑した場合について契約の申込み又はその承諾の意思表示を取り消すことができることとするとともに、事業者の損害賠償の責任を免除する条項その他の消費者の利益を不当に害することとなる条項の全部又は一部を無効とするほか、消費者の被害の発生又は拡大を防止するため適格消費者団体が事業者等に対し差止請求をすることができることとすることにより、消費者の利益の擁護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする

消費者が事業者と締結した契約(=消費者契約)の全てが対象

消費者契約の締結過程に係る内容
消費者は、事業者の不適切な行為
@「不実告知、断定的判断、故意の不告知」により「誤認」した場合
A「不退去、監禁」により自由な意思決定が妨げられ、困惑」した場合
@Aのような過程が見られれば、結んだ契約を取り消すことが出来る

消費者契約の契約条項に係る内容
消費者が結んだ契約において、消費者の利益を不当に害する一定の条項の全部又は一部が無効

出会い系サイトにおいては、入会の際に
@「不実告知、断定的判断、故意の不告知」があったかどうかによって「誤認」した場合は契約を取り消す事が可能と思われる
例えば、有料サービスサイトなのに「完全無料」と事実と異なる宣伝文句で「誤認」させて入会させた場合
又、入会後利用規約内に記載されている自動後払い等の消費者の利益を不当に害する条項等も無効となる可能性がある

2007-06 改正施行


日本でも不倫旋風を巻き起こす?

世界23ヶ国で展開し、ハリウッドや海外のセレブで話題の不倫目的出会い系サイトがとうとう日本にも上陸しました♪
昨年の2013年6月日本サービス開始以来、サンデージャポンミヤネ屋をはじめ数多くのテレビや雑誌・新聞で取り上げられてきたので、出会い系サイトを楽しんでいる皆さんなら一度は聞いた事ある名前だと思います…
では実際にどうなのか?
気になりますよね…?実際に登録して使ってみたのでご紹介します!

アシュレイマディンレポート
↓↓↓↓↓

■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.