悪質出会いサクラの手口
地域情報がアテにならない場合

悪質出会い系で使われるサクラ手口【地域情報がアテにならない場合】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > サクラの手口! > 地域情報がアテにならない場合

サクラ!地域情報がアテにならない場合

知っていれば騙され無い!サクラの手口!

地域情報がアテにならない場合

かつては地域のローカル情報などがサクラの判別の方法として役立ってきましたが、グーグルマップの進化に伴い以前ほど効力を発揮しなくなってきました

なぜならグーグルマップを使うと「●●(施設名)の出口のそばにある青い自販機の前にいるよ」くらいまでその地域を全く知らないサクラが言うことが可能になるからです。(現段階では都市部に限りますが)ここまで詳細に踏み込まれるとさすがに地元民だと思ってしまうかもしれませんが、ただグーグルマップを見ているだけの可能性もあります

つまり詳細な地域情報を知っているからと言って「サクラではない」と判断するのはあまりにも危険な判断になってしまったようです。


悪質サクラジャンル

自動返信系| オペレーター系| 過激アダルト系| 高額援助系| 偽芸能人系

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ストップリミットを作ろう

予め決めた金額以上は出さない

サクラは非常に厄介な存在です。ましてそのサクラに好意を抱いてしまったりした場合、会えない状態を何年も続け月々2万、3万と騙し取られるスパイラルに入ってしまったりすると抜け出すタイミングを完全に失ってしまいます。相手のことをサクラだと知りながら「もしかしたら違うかもしれない」と甘い期待を寄せてメールをダラダラしてしまうユーザーがどれだけ多いことか…

なのでメールを交換をする前に例えば「この女性に1万円分メールしてもダメだったらキッパリ諦める」というストップリミットを作っておくことが大事です。例えばかなり高いですが1通400円のメール料金でも25通分はメールできます。1日1通でも1ヶ月近くはメールできます。それだけやって会えない相手は、その後も会えないやはり可能性が高いです。

撃退法ではないのですが、こういうストップリミットをしっかり守ればもしサクラであっても被害を抑えられる効果があります。


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.