悪質出会いサクラの手口
ピアノ講師のリアルな生活実態

悪質出会い系で使われるサクラ手口【ピアノ講師のリアルな生活実態】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > サクラの手口! > ピアノ講師のリアルな生活実態

サクラ!ピアノ講師のリアルな生活実態

知っていれば騙され無い!サクラの手口!

ピアノ講師のリアルな生活実態

男性に人気があるのか、女性に人気があるのかわかりませんが、なぜかサクラは「ピアノ講師」という職業もよく使います。お嬢様やセレブの雰囲気を出したいのかもしれません。

ピアノ講師には二種類あるようです。つまり楽器店(ヤマハとかカワイ)の専属講師と、完全に個人で講師をしているバターンです。楽器店専属講師は音大を出て、その楽器店からピアノ講師としての条件を満たした者がなれるという違いはありますが、両方ともほぼ個人事業者になることでは同じです。

個人事業者ということは給料制ではなく完全歩合制、ということです。そしてこのことからさらに突っ込んで、ピアノ講師が生活していくために月収20万必要だったとしましょう。ピアノを習い事にする月謝の相場は6000円程度のようです。ということは月20万の収入を得るためには33人以上の生徒が必要になります。

各生徒が月4回のレッスンで1回のレッスンが60分だったとします。もちろん児童が顧客の中心になるでしょうから平日は学校が終わった15時〜19時の間、土曜日は9時〜19時、日曜日は休みとして…33人×1時間×月4回=132時間。平日は4時間、土曜日は10時間の勤務時間で回して33人のレッスンが消化できます。
br />逆に週末どちらも休んでいたりすると33人分のレッスンはとても消化できません。生活様式も朝から仕事して夕方に終わるOLとは違って独特のようです。平日児童が下校してレッスンをしている最中にメールを返してくるピアノ講師って…


悪質サクラジャンル

自動返信系| オペレーター系| 過激アダルト系| 高額援助系| 偽芸能人系

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

地元ネタ対策

地元のタイムリーな話題で見破る

サクラたちはGoogle Mapの出現によってより正確な地域情報を手に入れることができました。つまりGoogle Mapのストリートビューが使える地域のユーザーに対して例えば「●●(施設名)を出て右側にある青い自販機の前にいるよ」まで言えるようになったのですつまりかつてのように地域の施設などで揺さぶる作戦は通じなくなっています

ところが相変わらず対応できない地元ネタがあります。例えば地方都市の場合はローカルテレビ番組の内容、突発的な天気の変動、閉店したお店のリアルタイム情報などです。

見破るための成功のポイントはあまり露骨に「これ知ってる?」という風に聞くとサクラも警戒してしまうので、さりげなく会話の中に潜ませることです。例えば激しい夕立があった日などは「今日は一日中天気もいいから暑くてたまんないね?仕事終わったらビール飲みたいなぁ〜お酒結構飲むのかな?」という風にさりげなく混ぜておくとサクラの主眼は「お酒が好きかどうか」に移って、「ほんといい天気だね。私はビールよりおつまみのほうが好きかも」という返事がくるとサクラの負けです。

サクラ側も天気の話や地元の話には付き合わないと教育されていますので、意図的にこっちから引っ掛ける必要があります。色々試してみてください


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.