悪質出会いサクラの手口
ピアノ講師のリアルな生活実態

悪質出会い系で使われるサクラ手口【ピアノ講師のリアルな生活実態】をご紹介!知っていれば騙され無い!

悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!撃退法| 出会い系お役立法律| 悪質見極め| 出会えるメール術| 安心女性無料| 男女完全無料

悪質詐欺サクラTOP > サクラの手口! > ピアノ講師のリアルな生活実態

サクラ!ピアノ講師のリアルな生活実態

知っていれば騙され無い!サクラの手口!

ピアノ講師のリアルな生活実態

男性に人気があるのか、女性に人気があるのかわかりませんが、なぜかサクラは「ピアノ講師」という職業もよく使います。お嬢様やセレブの雰囲気を出したいのかもしれません。

ピアノ講師には二種類あるようです。つまり楽器店(ヤマハとかカワイ)の専属講師と、完全に個人で講師をしているバターンです。楽器店専属講師は音大を出て、その楽器店からピアノ講師としての条件を満たした者がなれるという違いはありますが、両方ともほぼ個人事業者になることでは同じです。

個人事業者ということは給料制ではなく完全歩合制、ということです。そしてこのことからさらに突っ込んで、ピアノ講師が生活していくために月収20万必要だったとしましょう。ピアノを習い事にする月謝の相場は6000円程度のようです。ということは月20万の収入を得るためには33人以上の生徒が必要になります。

各生徒が月4回のレッスンで1回のレッスンが60分だったとします。もちろん児童が顧客の中心になるでしょうから平日は学校が終わった15時〜19時の間、土曜日は9時〜19時、日曜日は休みとして…33人×1時間×月4回=132時間。平日は4時間、土曜日は10時間の勤務時間で回して33人のレッスンが消化できます。
br />逆に週末どちらも休んでいたりすると33人分のレッスンはとても消化できません。生活様式も朝から仕事して夕方に終わるOLとは違って独特のようです。平日児童が下校してレッスンをしている最中にメールを返してくるピアノ講師って…


悪質サクラジャンル

自動返信系| オペレーター系| 過激アダルト系| 高額援助系| 偽芸能人系

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ツイッター・ブログ逆誘導対策

ツイッターやブログに逆に誘導して見破る

サクラはメールアドレスなどの連絡先交換をすることを極端に嫌がります。一方でメールアドレス交換をしようと課金を促してきて、入金したらしたで諸問題が発生してメールアドレスが交換できないという手口もご紹介した通りあります

またSNSサイトやブログサービスを提供しているサイトから有料の出会い系サイトへ誘導してくるサクラもいるのですが、この二つを組み合わせれば逆にサクラを誘導することができます

つまり無料でメッセージ交換ができる各社ブログサイトやツイッターなどへ自分のアカウントを登録しておいて「メールアドレス交換がしたいならツイッターやブログにメッセージで送ってほしい」と逆に誘導をかければいいのです。

本当にアドレス交換を希望しているならわざわざ出会い系サイトで交換しなくてもどこでしても同じ事です。出会い系サイトでしかメールアドレスを交換したくない理由などサクラ以外ならありません。ブログは携帯では利用しにくいかもしれませんが、ツイッターなら携帯からでも利用できます。出会い系サイトではメールアドレス交換したいけどそれ以外のサイトではイヤです、というのはいかにも矛盾というか何か企んでいるとしか考えられませんからね…。


■メニュー■
悪質!詐欺手口| 悪質!サクラ手口| 簡単!サクラ撃退法| 詐欺/迷惑行為対処法| お役立法律
悪質出会い見極め| 出会えるメール術
有料出会い系情報| 無料出会い系情報

■ここで確認■
女性無料の優良老舗出会い| 男女無料でフリメOK出会い

運営方針| お問い合わせ| TOPページへ戻る

Copyright (C) 2011 出会いの裏側。悪質!詐欺とサクラと口コミと All Rights Reserved.